ナビゲーションにジャンプ メインコンテンツにジャンプ

Flight Switch Panel プロ仕様シミュレーション向けのスイッチコントローラ

Flight Switch Panel
詳細はこちら
プロ仕様シミュレーション向けのスイッチコントローラ

複数のコックピットコントロール

Saitekのプロフェッショナルフライトスイッチパネルは、フライトシミュレーションプレイ環境のコントロール数の拡張に最適です。ロジクールGフライトヨークに接続したり、デスクの上に置いたり、独自のコックピットに取り付けたり、配置方法は自由自在。そのコンパクトな見た目とは裏腹に、ランディングギアやライト、エンジン出力といった航空機の重要な機能を全てこれ一つでコントロールできます。

主な機能

5接点マグネトーダイヤル

リアリティあふれるエンジン点火を実現。多種多様な航空機に対応したこのフライトスイッチパネルには、航空機の点火システムのマグネトーを個別に制御できる5接点ロータリースイッチが搭載されています。“R”または“L”に合わせると各エンジンの左右それぞれのマグネトーが、“BOTH/ALL”に合わせると左右両方のマグネトーが起動し、“START”まで回すとスターターがかかります。スターターが作動するとエンジンとマグネトーが連動し、正確無比のタイミングで混合気への点火が実行されます。

リアルなランディングギアコントロール

LED式インジケータ ライト付き。 しっかりとした押し心地のある物理コントロールレバーで、航空機のランディングギアを格納および展開できます。『FSX』や『Prepar3D』のその時々のランディングギアの状態を視覚的に確認できる、便利なLED式インジケータランプも搭載されているので、スイッチパネルを見るだけでランディングギアの具体的な状態を瞬時に確認できます。

あらゆるフライト条件に合わせて柔軟にカスタマイズ可能

構成方法を選ばないモジュール式の設計。 ロジクールGの各種パネルは、上下に重ねることも左右に並べることもできます。マルチパネルの上に無線パネルを載せたり、ヨークの左側にスイッチパネルを配置したり、どんな配置方法にも対応しています。使い勝手の良い取り付け用クランプを使って、自分だけのフライトシミュレーションコックピットを作りましょう。構成方法は無限大!

シンプルなインストール

プラグアンドプレイ接続。 フライトスイッチパネルはWindows 7/8.1/10に対応しており、サポートページから簡単なプラグインをインストールするだけで、『フライト シミュレータ X(FSX)』、『X-Plane 10』、『Prepar3D® 2.2』など、人気のパソコン用フライトシミュレーションソフトウェアで使用できます。

サポートサイトに今すぐアクセス
MD80の訓練生気分も味わえる

実際の航空機のフライトシミュレーションにも利用可能。 以下の機材を用意すれば、双発ジェット旅客機MD80のコックピット環境を手軽に再現できます。

物理的仕様
製品本体
  • 縦:28.2cm
  • 横:6.3cm
  • 高さ:8.4cm
  • 重量(ブラケット除く):369g
  • 重量:549g
  • ケーブル長さ(電源/充電):1.8m
フライトスイッチパネル取り付け金具
  • 縦:28.2cm
  • 横:8cm
  • 高さ:8cm
コントローラ仕様
  • 接続タイプ:USB
  • USBプロトコル:USB 2.0
  • USB速度:フルスピード
  • インジケータ ライト(LED):あり
  • LCDディスプレイ:なし
  • USBポート(内蔵):なし
  • バックライト:なし
必要システム
  • Windows® 10、Windows 8.1、Windows 7
  • USB 2.0ポート×1
  • インターネット接続環境(オプションのソフトウェア ダウンロード時)
品番
  • G-PF-SWTP
保証情報
  • 2年間無償保証